大型免許

HOME>大型免許

この機会に大型免許を取得して、仕事の幅を広げましょう!

平成19年6月2日に免許制度が変わりました。
今まで普通車と大型車の2つの区別だったのが、新制度では普通車・中型車・大型車と3つの区分になったのです。
これに伴い、平成19年6月1日までに取得された普通免許所持者は、8t限定中型免許所持者となります。

旧制度
  普通免許 大型免許
受験資格 18歳以上 20歳以上、経験2年以上
(特に大きな車両)21歳以上、経験3年以上
車両総重量 8トン未満 8トン以上
(特に大きな車両)11トン以上
最大積載量 5トン未満 5トン以上
(特に大きな車両)6.5トン以上
乗車定員 10人以下 11人以上
(特に大きな車両)30人以上
新制度
  普通免許 中型免許 大型免許
受験資格 18歳以上 20歳以上 21歳以上
運転経験2年以上 運転経験3年以上
車両総重量 5トン未満 5トン以上 11トン以上
11トン未満
最大積載量 3トン未満 3トン以上 6.5トン以上
6.5トン未満
乗車定員 10人以下 11人以上 30人以上
29人以下

新大型免許Q&A

いろいろ変更点もあって難しい!!という方のために!! よくある質問をまとめてみました。

Q.新制度の開始前(平成19年6月1日まで)に普通免許を取得したのですが、新制度後はどうなりますか?

A.新制度によって運転できる自動車の範囲に変更はありません。
中型免許(8トン限定)所持とみなされます。

Q.中型免許の8トン限定を解除するためにはどうすればいいの?

A.教習所での教習を最低5時限受けて、技能審査にパスすれば限定解除できます。

Q.新大型免許を取得する場合は、中型免許を先に取得する必要があるの?

A.いいえ。受験資格(21歳以上・経験3年以上)を満たしていれば、中型免許を取得することなく大型免許を取得することが出来ます。

Q.大型車の視力検査は、どうなってるの?

A.視力は両眼で0.8以上。一眼でそれぞれ0.5以上。
深視力は3回の検査で平均誤差20ミリ以下となっています。

Q.深視力って何?

A.遠近感や立体感を感じとる視力の検査のことです。二本の固定された棒の間を一本の棒が前後に移動します。三本の棒が並んだと感じた時にボタンを押し、その誤差を測定して検査します。

大型車
大型車

中型車
中型車

準中型免許

法改正にともなう新規格!準中型免許が誕生します。
平成29年3月12日に免許制度が変わります。

年齢 満18歳以上
視力 両眼で0.8以上 片眼で0.5以上
深視力は3回の検査で平均誤差が20mm以下
聴力 障害をお持ちの方は、事前にご相談下さい。
色彩識別 赤色、青色、黄色の識別ができること
所持免許 無・原付・小特 普通MT 準中型MT5t限定
技能教習 41時限 13時限 4時限
学科教習 27時限 1時限 -
最短教習期間 18日 6日 3日

準中型車
準中型車

普通免許と中型免許の間に新たに設けられたトラックの免許区分です。

旧制度
現行の免許 運転免許試験に合格する日 運転できる自動車
普通免許 新制度開始前 車両重量5トン未満
最大積載量3トン未満
乗車定員10人以下
新制度
新制度の免許 運転免許試験に合格する日 運転できる自動車
普通免許 平成29年3月12日以降 車両重量3.5トン未満
最大積載量2トン未満
乗車定員10人以下

車輛系建設機械運転技能講習(整地など)

※整地・運搬・積込み用機械及び掘削用機械(12種類)を運転する資格が取得できます。

受講資格 大特免許所持者
普通免許所持の方で、小型車両系の特別教育修了後3ヶ月以上経験のある方
期間 2日(14時間) 掘削用機械
○パワー・ショベル
○ドラグ・ショベル(バック・ホウ)
○ドラグライン
○クラムシェル
○バケット掘削機
○トレンチャー
整地・運搬・積込み用機械
○ブル・ドーザー
○モーター・グレーター
○トラクター・ショベル
○ずり積機
○スクレーパー
○スクレープ・ドーザー
受講料 40,180円

山形労働局長登録教習機関 登録第73号

車輌系建設機械運転技能講習

車両系建設機械(整地、運搬、積込み用及び掘削用)とは?

車両系建設機械とは、労働安全衛生法で定める建設機械で、 動力を用い、かつ、不特定の場所に自走できるものをいいます。 このうちの、整地、運搬、積込み用及び掘削用機械をさします。

作業には作業資格が必要!

機体重量3トン以上の車両系建設機械(整地等用)の運転の業務には、技能講習修了者を 就かせることが、労働安全衛生法により義務付けられています。

公道走行には運転免許が必要!

車両系建設機械は大きさなどの区分で、小型・新小型・大型特殊自動車に分類され、 小型特殊自動車は原付以外のいずれかの免許があれば運転できるが、新小型特殊と 大型特殊自動車は大型特殊自動車免許が必要になります。

法令による資格区分

区分 技能講習修了者 特別教育修了者 備考
機体重量3トン未満 道路(公道)上を走行させる運転を除く
機体重量3トン以上 ×

技能講習修了者は機体重量が無制限で作業可能!

講習内容

学科講習

作業、一般的事項、関係法令について教本を用いての座学講習になります。
■作業:5時間 ■一般的事項:3時間 ■関係法令:1時間

実技講習

走行・荷役の操作の実車講習となります。
■作業装置の操作:5時間

作業装置の操作について実車講習になります。


実技講習風景   トラクターショベルとドラグショベルを使用します。

主な対象機種

  • ・ドラグショベル(バックホウ)
  • ・トラクターショベル
  • ・ブルドーザー
  • ・モーターグレーダー
  • ・パワーショベルなど
  • ・クレーン機能付きのドラグショベル

クレーンとして使用する場合は、つり上げ荷重に応じた移動式クレーン関係の資格が必要となります。

 

太陽校 合宿体験レポート

  • 合宿詳細
  • 体験記へ
  • アルバム

太陽校 宿泊施設&観光案内

宿泊施設

観光案内

資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせフォーム

▲ページの先頭に戻る